『教養としての着物』トークイベントに行きました

こんにちは

横浜の結婚相談所アロハハッピーマリッジカウンセラーの内田ゆう子です。

先日、日本橋にあるCOREDO室町テラス内の誠品生活さんで行われた

『世界のビジネスエリートを魅了する 教養としての着物』

著者の上杉惠理子さんのトークイベントに参加してきました。

誠品生活さんでは4月14日、21日、28日と3週にわたって

教養を深めるトークイベントを開催されていて、

今回がラストの回でした。

教養を深めるシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着物は最高の自己表現ツール

上杉さんは和装イメージコンサルタントとしてご活躍されていますが

ほぼ毎日着物で過ごしているそうです。

大抵のことは着物でもできると、着物姿でスキーを履いた写真も登場しました。

現代だからこその和装の価値を伝えたいと日々ご活躍です。

そんな上杉さんが着物を着ていることによってよく外国人から話しかけられて

写真を一緒に撮ってと頼まれたり、質問をされたりするそうです。

着物を着ていると一目で「日本人」であるとわかってもらえる点からも

着物は最高の自己表現ツールですとおっしゃっていました。

また、着付けは1回覚えれば一生使える技術となるし、

着物の色を染め替えることもできるそうなので

「着物はお金がかかる」ではなくて「着物はコスパ高い」ものだと

おっしゃっていました。

知らなかった〜!

イベントの後半は実際にお持ちくださった着物、帯、小物を

どう合わせるといいかの実演。

着物が1枚あれば、帯揚げ、帯締め、帯留めとの組み合わせで

何通りものバリエーションが楽しめることを教えていただきました。

著者の上杉さん実演中

 

 

 

 

 

 

 

自分磨きの時間も大事です

夫は以前から上杉さんと勉強会仲間で知り合いでしたので

今までにもドレスコードが着物というパーティーに参加したり

(この時着物はレンタルしてYouTubeを見てなんとか着付けを

しましたよ)

夏は浴衣でビアガーデンという集まりに参加したり、

初心者ながら着物を楽しむ機会がありました。

私は元々着物を着る習慣があるわけではなく、ほとんど着物について

何も知らない状態でこのトークイベントに参加しましたが、

そんな状態でもとても楽しいイベントでした。

新しいことを知るってワクワクしますね〜。

会場には着物をお召しになられた方も多くいらして、華やかな会場となっていました。

海外からの旅行者の方には着物を着る体験が喜ばれているようですが

日本人ももっと着物を身近に感じてもいいかもしれませんね。

世界に誇れる日本の文化に触れて、自分の興味の幅が広がり、

とても有意義なイベントでした。

 

料金プラン カウンセリング予約